朝食をバナナと水のみにすることで、摂取カロリーを必要最低限にまで抑えることが出来ます。

バナナダイエット

 

バナナ

 

 

バナナダイエットの方法と効果

少し前に某テレビ番組の影響で話題となった「バナナダイエット」ですが、ここ数年で再び注目を集めつつあります。

 

バナナダイエットとは朝食をバナナのみに限定し、昼食や夕食は通常どおりに食べながら痩せることを目指すというダイエット方法です。

 

バナナダイエットの方法は非常にシンプルで、先にも述べたように朝食をバナナ1~2本のみに限定し、それ以外は水だけを飲んで過ごすという内容になっています。

 

朝食をバナナと水のみにする事で摂取カロリーを必要最低限にまで抑える事が出来るため、数週間ほどでダイエット効果を実感する事が出来ます。

 

バナナのカロリーは1本あたりおよそ80~100キロカロリーくらいですが、その中には炭水化物や脂質の代謝を促進するビタミンB群や食物繊維、カリウムをはじめとしたミネラル分が豊富に含まれています。

 

そのため、食事制限による過度な負担を身体に課すことなくダイエットを実践する事が出来るという利点があります。

 

朝食をバナナと水に限定する事で1日におよそ300キロカロリーくらい軽減できる為、10日で3000キロカロリー、100日続ければ3万キロカロリーものエネルギー摂取を抑制することが出来ます。

 

グリーンスムージーダイエットのポイント

 

 

 

バナナダイエットの注意点

テレビなどで紹介された事で一時爆発的なブームとなったバナナダイエットですが、実践する前に幾つかの「注意点」を把握しておく必要があります

 

バナナダイエットでは昼食と夕食は通常どおり食べてもOKとされていますが、朝食をバナナと水だけに制限したことによってその反動で昼食と夕食をついつい「食べ過ぎてしまう」事が多々あります。

 

そのため、昼食と夕食では摂取するカロリーの上限をあらかじめ決めておき、その摂取カロリー範囲内でメニューを決めるように心掛けることが大切です。

 

また、バナナに多く含まれているビタミンB群には脂肪燃焼を促進する効果があると言われていますが、たくさん食べたからといってその効果が増すという事はないので、その効果を妄信してバナナを食べ過ぎないように注意する必要があります。