炭水化物は身体に必要不可欠な栄養素なので、長くても2週間くらいに留めておくのが無難です。

炭水化物抜きダイエット

 

ご飯

 

 

炭水化物抜きダイエットの概要と特徴

一時期、テレビや雑誌などで何度も取り上げられていた「炭水化物抜きダイエット」ですが、このダイエット方法はただ炭水化物を抜けば良いというわけではなく正しい方法で実践しなければ逆効果になる事もあるので注意が必要です。

 

炭水化物とはそもそもたんぱく質やビタミン、脂質やミネラルと共に「5大栄養素」に数えられるほど身体にとっては必要不可欠な存在です。

 

人間の生命維持に欠かせない炭水化物ですが、身体に余剰エネルギーとして蓄積し易いので一時的に抜く事によって短期間で驚くほどのダイエット効果を得ることが出来ます。

 

炭水化物は体内でブドウ糖となり、全身のエネルギー源として消費されますが、使われなかった余剰エネルギーは脂肪として体内に蓄えられます。

 

しかし、炭水化物を抜けばブドウ糖の貯蔵庫を空っぽの状態に出来るので、体内に蓄積した脂肪がエネルギー源として優先的に消費され目に見えるダイエット効果を短期間で得ることが出来るのです。

 

炭水化物抜きダイエットはただ単にご飯やパン、パスタといった炭水化物を多く含む食品の摂取を数日~数週間ほど控えるだけというダイエット方法です。

 

炭水化物以外の栄養素は摂取してもOKなので、過度な食事制限をする事なく誰にでも気軽に実践できるというメリットがあります。

 

 

 

炭水化物抜きダイエットの利点とリスク

炭水化物抜きダイエットの利点は何と言っても、

  • 誰でも気軽に実践できる事
  • 短期間の内に効果を実感できる事

です。

 

炭水化物を含むご飯やパン、パスタなどの食品を抜くだけで過度な食事制限を行う必要も無いので、食欲を抑えて苦しい思いをする事なくダイエットが行えます。

 

また、炭水化物を抜くと体内の脂肪がエネルギー源として優先的に消費されるので、短期の内に目に見える効果を実感することが出来るのも大きなメリットのひとつと言えます。

 

しかし、炭水化物を過度に抜いてしまうと逆に身体が栄養素を吸収しようとする力が強くなり、リバウンドのリスクが高まるのでやり過ぎには注意です。

 

また、炭水化物は身体に必要不可欠な栄養素なので長く抜いていると体調不良を引き起こしてしまう恐れがあります

 

そのため、炭水化物ダイエットは長くても2週間くらいに留めておくのが無難です。

 

黒酢ダイエットの詳細はこちら